浪貝畳店

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で室内の畳張替えを検討している人は、畳に関する基本的な知識を知っていた方が、畳の交換をしやすくなります。畳の張替えをする時に知っておいた方が良いのは、畳の基本的な大きさです。畳にはいくつかの基本的な大きさがあるので、同じ大きさの種類の畳を選んで、畳張替えをする必要があります。東京で畳張替えをしている専門のお店でも、各種の大きさの畳が揃えられているので、交換をしたい畳の大きさに合ったものを選ぶことができます。畳の中でも比較的小型のサイズのものが、五八間というタイプの畳です。このタイプの畳は江戸間という名称で呼ばれることもあります。五八間という名称は畳の長さを表していて、畳の片方の辺の長さがおよそ五尺八寸であることから名前がつけられています。五尺八寸をセンチメートルに直すとおよそ176センチメートルで、大人の男性の身長ほどの長さです。このタイプの畳のもう片方の辺の長さは、およそ二尺九寸です。これはおよそ88センチメールの長さです。江戸間は東京でも多く使用されているタイプの畳で、東京の周辺にある関東地方の各県でもよく使用されています。畳張替えで使用されている畳の中には、本間というタイプの畳もあります。このタイプの畳は、京間という名称で呼ばれることもあります。このタイプの畳の特徴は、江戸間の畳よりもサイズが一回り大きいことです。そのために、同じ8畳の部屋でも、江戸間の畳を敷き詰めた和室と、京間の畳を敷き詰めた部屋では、広さが違います。京間の畳の長い方の辺の長さはおよそ六尺三寸です江戸間よりも五尺ほど長くなっています。六尺三寸はおよそ191センチメートルの長さです。京間の畳の短い方の辺の長さはおよそ三尺一寸五分です。これはおよそ95センチメートルの長さです。京間は主に京都やその周辺の関西地方で多く使用されている畳です。関西より西側にある西日本の各県でも京間の畳はよく使用されています。
[関連情報:畳張替え 東京